最後の目標

 

9日間の遠征を終えました。

 

抱いた人数は一人ですが、お互いに恋人がいることを開示した上で身体を重ね、2回戦ではゴムなしを求められるなど、なかなか印象深い体験でした。

 

 

 

さて、5月に入ってから目標が明確になっておらず、帰路でずっと考えていました。

 

ゴールが見えていないと、どこに向かって進めばいいかわからないので。

 

 

 

そもそも、僕にとって、ナンパのスタートは何だったか。

 

勿論オスとしての本能もありますが、きっかけの一つには、結婚を考えていた元彼女から言われた台詞があります。

 

「あなたには、人の気持ちが分からない。」

 

この一言がずっと引っかかっていたので、僕は理解者として女性に接することで、コーヒー1杯で抱く方法に特化して活動を続けてきました。

 

昨年の7月末から活動を開始したので、そろそろ10ヶ月になります。

 

その結果、

 

2月:理想の彼女ができた(しかも相手の方から告白)

 

3月:週に1人は即日で抱けるようになった

 

4月:キレる女性に対しても理解者として寄り添うことができた

 

・・・

 

僕にとって、これは一つのゴールかもしれません。

 

おそらく、それで満足してしまったのかと。

 

最近は、ナンパのために出撃するというよりは、用事で外出した際にタイプの女性がいたら声をかける、という感じなので声かけ数も減っていました。 

 

 

 

ところで、僕は師の指導を素直に実行してきたつもりですが、「数にこだわる」という点については徹底できていませんでした。

 

月に10人。これが、見える景色が変わる境目のようです。

 

もうすぐで一年となる節目ということもあり、最後の2ヶ月は数にこだわります。

 

 

 

目標:7月末までに月10人の女性を抱く

 

条件 

1. ストリートのみ。恋愛を前提とした出会い(ネットナンパ、パーティー等)は対象外。

 

2. カフェ~ホテル or 家の音声は必ず収録。

 

3. 連続した30日間(6/5~7/4など)に抱いた人数の合計が10人になれば達成。

 

 

 

 

「覚悟を決めたなら、やる。」

 

初めて師にお会いした際に、いただいた言葉です。

 

この一言は今でも、心の中できらきらと輝いています。

 

もし達成できなかった場合、僕はハーバードナンパスクールを去ります。

 

もちろん、これからも師やブラザーと一緒にいたいと強く思っているが故のコミットメント。

 

 

 

 

進捗報告のため、チャレンジ期間はブログを毎日更新します。