ビッグネーム達がやって来る

 

今週末、ハーバードナンパスクールのグルメ部部長(関東)、関西支部長(関西)が同時にやって来る。

 

しかも驚いたことに、両者はお互いに連絡を取った訳ではない。

 

f:id:yukimasa1801:20170628035927p:plain

 

偶然の一致。

 

これはとんでもないことが起こりそうな予感。




ちなみに僕は地元なので、今回は主にサポートの役割となります。


脇役ね。むしろモブキャラ。


お二方に自宅を開放する、コンビの要請があれば駆けつける、女性をセパレートできるよう誘導する、など。


今週末は活動記録と言うよりも、僕の目を通じて見た二人の姿を描かせていただく予定です。

 

セフレが一人、去っていった

 

「幸正、最近変わったよね。ちょっと距離を置こう。」

 

と言って、仲の良かったセフレが去っていきました。

 

セックスが終わった直後の出来事。

 

秒で服を着たと思ったら、なんのためらいもなく、部屋を出ていきました。

 

最近は連日のように誰かと会っており、正直キャパオーバーだな。。。

 

と思っていた矢先。

 

たしかに、会話やセックスが雑になっていた感は否めません。

 

以前に比べて、気遣いも欠けていたと思います。

 

 


この子は強気で物事をはっきりと言ってくれる性格なので、幸いにも気付くことができました。

 

彼女や他のセフレは口に出さないだけで、同じ気持ちを味わわせていたのかもしれません。


猛省します。

 

言葉遣いを変えれば、成果が出る!・・・かも

僕は昨年まで、ナンパ経験がほぼ皆無でした。


また、地方で一人活動しており、他のナンパ師との交流がないため、いわゆる「ナンパ用語」についてはいまだによく分かりません。


で、最近はハーバードナンパスクール以外のナンパ師のブログも見るようにしていたのですが、ちょっとショックを受けています。


女性のことを「物件」とか「案件」と呼んでいる人が多いんですよね。モノ扱い。


他にも、「スト値」という形で女性に点数を付けている。


こういうのって中学生レベルというか、普通にカッコ悪いと思うんですけど、どうなんでしょうか。






僕は月に10人の女性とセックスするチャレンジをした際、「抱かせていただいた」という表現でカウントをしました。


理由が2つあります。


1つは、ナンパを通じて関係を持った女性たちが僕のことを育ててくれたので、感謝の念が生まれたこと。


もう1つは、セックスに至るという事象にも、いくつかのレベルがあると感じたこと。



女性から見た際に、


①この男に抱かれたい!


という場合と、


②まぁ、こいつなら抱かせてやってもいいかな


という場合では、男としてのレベルが全く違います。




ドヤ顔で「即!」と書いているナンパ師がいますけど、内容を見る限り、大半は単に女性が抱かせてくれただけです。


自信満々に「抱いた」と言う資格があるのは、①のレベルの男だけだと考えています。


以上の理由で、僕は「抱かせていただいた」という表現をしました。



意識というのは言葉遣いに表れます。


そして、その言葉を通じて、女性のことをどのように見ているのかが、相手に伝わってしまう。


些細な話ですが、言葉遣い一つ変えるだけでも、結果に差が出るかもしれません。

ラストチャレンジ振り返り

 

ナンパを始めて、もうすぐで1年という節目。

 

月に10人の女性を抱かせていただくチャレンジを達成しました。

 

【遵守したルール】

 

・連続した30日間で、月10人の女性を抱かせていただく

 

・出会いはストリートに限定

 

・連れ出し、デートでは、カフェ or 食事に限定。

(カラオケやアルコールは使わない。)

 

・セックスまで至る手法は、女性の理解者として会話で口説く手法に限定。

(ボディタッチは使わない。)

 

・女性から「彼女はいるのか?」と聞かれた場合は即座に「いる」と答える。

 

 

 

【26日間の記録】

 

活動時間:3,480分

→2時間程度/日

 

声かけ:131

→5声かけ/日

 

連絡先交換:20(うち、7は連れ出し後、1は抱かせていただいた後)

 

連れ出し:12

 

デート:9

 

抱かせていただいた:10(即日:3、後日:7)

 

使用金額:44,170円

 

 

1年間地道に活動を継続すれば、これくらいの活動時間と声かけで、月10人とのセックスは達成できますよ、というご参考までに。  

  

活動時間については、声かけが占める割合は少なく、半分以上が連れ出し、デート、セックスのための時間です。

 

また、僕は地方で活動しており、現在は好みのタイプにしか声をかけていないため、声かけ数は少なめとなっております。

 

 

 

【達成できた理由】

 

最近は、ちょくちょく「なぜ成果が出たと思う?」という質問をいただきます。

 

大きな要因が二つあります。

 

 

一つ目の要因は、愛が一番力を発揮する、という考え方。

 

僕の師匠は、ハーバードナンパスクール学長の佐藤さんだけです。

 

この人からナンパを教わったのだから、必ず達成しないといけない、恥をかかせてはいけないという気持ちがありました。

 

また、僕はハーバードナンパスクールに入るまで、ナンパ経験がありません。

 

経験値としては、他の塾生よりも低い位置からスタートしています。

 

そんな僕がストリートのみで月10人という目標を達成することで、まだ成果が出ていない塾生たちにも希望を持ってもらえれば、という気持ちもありました。

 

 

二つ目の要因は、素直であったこと。 

 

これを言ってしまうと元も子もありませんが、この1年間、特別なことはしていません。

 

ただ指導を素直に受け入れて、実践してきただけです。

 

・1日10分ナンパ教材で学習する

 

・清潔感のある服装と髪型を心がける

 

・1日1人でも良いので、丁寧な声かけをする

 

・ブログを書く

 

・音声を録音して、文字起こしをして反省する

 

・毎月実施される全体講習に参加する

 

・・・


・・・

 

文章にするとサラッとしていますが、これが継続できるのであれば、おそらく誰でも達成できます。 

 

 

 

【Special Thanks 抱かせていただいた女性陣】

 

①25歳看護師 清楚系

結婚式帰りというタイミングで連れ出した女性。

優しい性格。即日で抱かせていただきました。

 

 

②25歳販売員 セクシー系

友達との待ち合わせというタイミングで声をかけて、連絡先交換をした女性。

LINEではウザいと言われ、デート打診後もしばらく既読スルー状態でしたが、逆転して抱かせていただきました。

ズバズバと言う強気な性格ですが、根は優しい。

今でも仲良しです。

 

 

③22歳女子大生 スレンダー

友達との待ち合わせというタイミングで声をかけて、連れ出した女性。

後日のデート序盤では口数が少なかったにも関わらず、ホテルチャレンジの時点では女性の方から僕のことをいじってきて、距離を縮めてきました。

部屋に入った後は色恋モードに持ち込まれてしまい、最終的には付き合うことに。

2人目の彼女となり、今でも仲良しです。

 

 

④23歳看護師 メイクバッチリ系

友達との待ち合わせというタイミングで声をかけて、連絡先交換をした女性。

超サバサバ系。

手つなぎ打診では「付き合っている時でも、つなぐことはない。」と言って外されたが、「へー。その心は?笑」を使用してテンションの維持に成功。

デート当日に師から激励の言葉をもらっていなければ、おそらく抱かせていただくことができなかったであろう女性。

 

 

⑤22歳女子大生 カジュアル系

これから帰るというタイミングで声をかけて、連れ出した2人組女性の片割れ。

ランチデートから自宅に流れましたが、部屋に入った後しばらくは「彼女に申し訳ない。」と言って、拒否をされました。

「それならここまで付いてくるなよ。笑」というマインドで、楽しく粘ってワッショイ。

 

 

⑥28歳小学校事務 清楚系

これからクラブに行くというタイミングで30分間連れ出した女性。

初めは虫けらでも見るような目でしたが、交際期間1ヶ月の彼氏に最近フラれたことを話してきたので、それを明るく捉えて返したところ、人間に格上げされました。

後日デートで無事に抱かせていただいた後は、恋愛相談をされるように。

今でも仲良しです。

 

 

⑦29歳不動産事務 清楚系

会社の昼休みでランチに行くというタイミングで声をかけて、連れ出した女性。

後日デートで無事に抱かせていただきました。

別れ際の「じゃあ、彼女にバレないようにねー!」と言う笑顔がとても印象的でした。

 

 

⑧24歳(元)風俗嬢 セクシー系

遠征先にて、辞めた勤務先にこれから荷物を回収しに行くというタイミングで声をかけて、連れ出した女性。

即日で抱かせていただきました。

彼氏がいるにも関わらず相手の方から連絡先交換を求めてきたので、これからも関係が続くと思います。

 

 

⑨20代美容部員 メイクバッチリ系

これから帰るというタイミングで声をかけて、カフェに連れ出した女性。

ホテル(自宅)チャレンジの際には、「酒も入っていないのに、出会って1時間で誘ってきた男はいない。」と苦笑されました。

部屋に入ってからも「マジで無理。」と50回くらい言われましたが、フルチン戦略によりワッショイ。

 

 

 ⑩28歳医局秘書 メイクバッチリ系

これから帰るというタイミングで声をかけて、カフェバーに連れ出した女性。

晶エリー似のお嬢様で、鋼の貞操観念の持ち主。

最初の連れ出しでは、「なぜナンパをしているのか。」と尋問&説教を受け、深い話を引き出すには至らず。

2度目のデートでは手つなぎ打診を拒否され、自宅前でも綱引きとなりました。

時間が圧縮されたかのような長い一瞬を味わうも、紙一重の差でワッショイ。

 

ラストチャレンジ26日目 - ファイナル! -

 

1年という節目を迎えるにあたり、ラストチャレンジ。

 

yukimasa1801.hatenablog.jp

 

 

 

チャレンジ12日目に連れ出した晶エリー似のお嬢様とデート。

 

女性の希望により、謎の釜飯というチョイス。

 

見た目は完全にパスタを巻いている系の顔なのに、意外にも古風な趣味の持ち主です。

 

 

 

さて、待ち合わせ場所から二人でテクテクと歩いて釜飯専門店へ向かう。

 

しかし、店に入るとまさかの「本日の釜飯は終了しました。」の張り紙。

 

知らなかった。釜飯って実は人気なんですね。

 

 

 

代替案として、いつも使っている焼肉屋へ。

 

なお、前回は相手の深い話を引き出すには至らなかったので、今回は音声を反省してからデートに臨んでいます。

 

おかげで、彼氏との関係性、結婚に対する考え方など、いろいろな話を引き出すことができました。

 

滞在時間は1時間程度。

 

一番盛り上がっている状態で店を後にしました。

 

 

 

店を出てからは、すぐに手つなぎ打診。

 

やんわりと外される。

 

しかし、昨日のお嬢様とは違って、本気で嫌がっている感じではない。

 

テンションを維持したまま、部屋へと向かう。

 

 

 

エントランスの前で立ち止まり、躊躇する女性。

 

そんなことは気にせず、当然のごとくマンションに入っていく僕。

  

オートロックの扉を開ける。

 

ウィーン・・・と音を立てて、開く扉。

 

二人の間を隔てるものは、たった1枚の開いた扉。

 

しかし、このたった1枚が、明暗をはっきりと分ける。

 

これが閉まって二人を分断した瞬間に、失敗が決定。

 

内心ではドキドキしつつも、女性の方は振り返らず、前だけを見て歩みを進めました。

 

 

 

 

 

 女性は・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

付いてきた・・・!

 

文句を言いつつも、しっかりとエレベーターに乗り込む女性。

 

さらに文句を重ねつつも、しっかりと部屋に入る女性。

 

後ろ手で、ガチッと鍵を締める姿が印象的でした。

 

入室してからもしばらく文句を言われましたが、楽しい雰囲気を維持してワッショイ。

 

 

 

抱かせていただいた後は、こちらのことをいじってきてくれました。

 

一方で、彼氏に対しては、もっと優しく接しているとのこと。

 

女性が素の状態で接してくれる、というのは理解者として成功。 

 

 

 

それにしても、このお嬢様の貞操観念は固かった。

 

抱かせていただくのに、かなりのエネルギーを消費しました。

 

しかし、鉄のパンツを履いている女性だからこそ、チャレンジ最後の相手がこの子で本当に良かったと思います。

 

 

 

これで10人目。

 

時間がかかりましたが、ラストチャレンジはこれにて達成です!

 

いやー、長かった。

 

ここまでご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、これで全ての目標を達成したので、ナンパは引退・・・

 

と思っていたところ。

 

先日、まるで僕の心を見透かしたかのように、大阪の初代ブラザーからメッセージが届きました。

 

 

 

 

 

「幸正さん、ここからが本当の意味でのスタートラインです。」

 

 

 

 

え、まだ終わりじゃないの?

 

 

【本日の記録】

活動時間:180分

声かけ:2

デート:1

抱かせていただいた:1

使用金額:4,910円 

 

 【26日間の記録】

活動時間:3,480分

声かけ:131

連絡先交換:20(うち、7は連れ出し後、1は抱かせていただいた後)

連れ出し:12

デート:9

抱かせていただいた:10

使用金額:44,170円

 

ラストチャレンジ25日目 - 鋼の貞操観念 -

 

1年という節目を迎えるにあたり、ラストチャレンジ。

 

yukimasa1801.hatenablog.jp

 

 

先日連絡先交換をしたお嬢様とカフェデート。

 

晶エリー似のお嬢様とは別の女性)

 

昔の上原さくらみたいな感じ。女子校出身。

 

話していると、鋼の貞操観念の持ち主であることが分かってきた。

 

結婚願望は強め。

 

1時間のトークで距離は縮まったが、貞操観念の固さを崩すには至らず。

 

でも、どのみち2回、3回とデートを重ねる気はないので、一応ホテル(自宅)チャレンジはしてみる。

 

 

 

店を出て、すぐに手つなぎ打診。

 

拒否。

 

というか、女性はかなり混乱している。

 

付き合ってもいないのに、手をつなぐなんて・・・!

 

という感じ。

 

これでラブホテルに誘ったら、本当に泡でも吹くんじゃないか、この子。

 

でも、そんなのは慣れっこ。

 

テンションを落とさず、自宅へと向かう。

 

 

 

僕:なんで手をつなぐのか、って思ってるでしょ。

 

女性:はい。

 

僕:だって変な話、急に誘われたらビックリするでしょ?

 

女性:誘う??何にですか??

 

 

 

ああ・・・ダメだ。全く伝わってない。

 

もうこの時点で詰みですが、せっかくここまで来たので、一応自宅へ。

 

 

 

僕:こちらが婚活会場でございます。誠実なイケメンを揃えておきましたので、好きなのを選んでください。

 

女性:いや、家はちょっと・・・。

 

まぁ、そうなりますよね。

 

終了。

 

 

 

自宅前での拒否にも種類があって、

 

「彼氏に申し訳ないから。」

 

「(僕の)彼女に申し訳ないから。」

 

「女の子の日だから。」

 

というような理由であれば、楽しく粘ります。

 

これらの拒否は、家に行くこと自体が嫌、という訳ではないからです。

 

しかし、今回のように、そもそも家に行くこと自体に対する拒否である場合、変に粘ったところで崩すのは非常に難しいです。

 

すっぱりと解散

 

根本的な問題はカフェでの会話にあるため、後は音声を振り返って、反省するのみです。 

 

【本日の記録】

活動時間:150分

声かけ:3

デート:1

使用金額:630円 

 

 【25日間の記録】

活動時間:3,300分

声かけ:129

連絡先交換:20(うち、7は連れ出し後、1は抱かせていただいた後)

連れ出し:12

デート:8

抱かせていただいた:9

使用金額:39,260円

 

ラストチャレンジ24日目 - 不戦敗 -

 

1年という節目を迎えるにあたり、ラストチャレンジ。

 

yukimasa1801.hatenablog.jp

 

 

本日はデート3連発の2発目。

 

 

 

・・・のはずが、女性の仕事の都合で、キャンセルとなりました。

 

チャレンジ達成は、またもや持ち越し。

 

【本日の記録】

活動時間:60分

声かけ:2

 

 【24日間の記録】

活動時間:3,150分

声かけ:126

連絡先交換:20(うち、7は連れ出し後、1は抱かせていただいた後)

連れ出し:12

デート:7

抱かせていただいた:9

使用金額:38,630円