【失敗談】非常に悔しいホテル誘導ミス

 

今回は、光ではなく影のエピソードです。

 

女性とカフェで60分話して、ギリギリホテルへ行けるかな?という食いつきだったので、ホテルチャレンジをした時のこと。

 

女性の仕事が、僕みたいなよく分からん男と歩いているところを見られたら困る職種だったので、方面だけ告げてタクシーで移動。

 

車中での手繋ぎテストもOKだったので、運転手にラブホの名前を告げました。

 

しかし、

 

「ラブホの場所、分かんない」グダが発生。

 

おじさん、童貞なのかな。

 

結局たどり着けず、ラブホまで徒歩4分の距離で下車。

 

グダグダになってしまい、これが命取りとなりました。

 

人に見られても困るので、解散。

 

いつもならカフェからラブホまでの動線をキモいぐらい念入りに下調べして、ストップウォッチで移動時間まで数えていますが、

 

タクシーでの移動については調べが足りませんでした。

 

反省です。

 

ナンパは準備が8割。

 

実録ナンパ音声の差し替えを行いました

 

昨日、実録ナンパ音声について「聞けない」というお声を直接いただいたので

 

差し替えをしました。

 

YouTubeは初投稿なので変なところがあれば教えてください。

 

以下が直近の2本です。書き起こし付き

 

yukimasa1801.hatenablog.jp

 

yukimasa1801.hatenablog.jp

 

絶対に失敗しないナンパの先生の見つけ方

 

ナンパ塾って高いですよね。

 

3ヶ月で●●万円とか。

 

入って後悔した、という話も聞くので

 

絶対に失敗しないナンパの先生の見つけ方を紹介します。

 

【先生を探す際のポイント】

 

1.ナンパの実力

プレイヤーとしての能力。

これは言われなくても見るポイントだと思いますが、

ブログの文章や写真はいくらでも捏造できるので、注意が必要です。

少なくとも実録音声、できれば動画を出している人がベスト。

 

2.指導力

指導者としての能力。

プレイヤーとしては優秀でも、指導者としては「?」な人も多い。

生徒を見れば、先生のナンパスタイルや実力も予想がつく。

カンタンな確認方法は、生徒のブログや実録音声を確認すること。

 

3.相性

見落としがちな超重要ポイント。先生との相性。

結局、「この人の言うことなら聞こう」と素直に思えないと、伸びないです。

 

理論派なのか感覚派なのか、

性格が水タイプなのか火なのタイプか、

自分で考えながらやりたい派なのか手取り足取り教えてもらいたい派なのか、など。

 

ナンパ塾に入る前は、必ず一度は先生と直接会って話してみることをおすすめします。

 

ちなみに、一番確実な方法は、

 

自分のことをよく知っている友人の紹介で入ること

 

です。1~3の条件を同時に満たせます。

 

急ぎ足の清楚系美女と連絡先交換した実録ナンパ音声(書き起こしあり)

 

下半期の目標に掲げていた、初心者用の音声の公開です。

 

【女性の情報】

 

スレンダー

 

清楚系 

 

【状況】

 

急ぎ足の女性にすれ違いざまに声かけ

 

→女性がサロンに入る直前で連絡先交換

 

→翌日デート

 

【音声】

 

今回は2分半の音声です。

 

世の中には変幻自在なトークができる技巧派ナンパ師が多数いる一方で、

 

僕の声かけはワンパターンです。

  

ストⅡで例えると「待ちガイル」一本。

  

f:id:yukimasa1801:20180322161541j:plain

 

なんでもできる天才とは違って、

 

凡人には凡人の戦略が必要なので、

 

一本に絞っています。

 

youtu.be

 

【書き起こし】 P:私 G:女性

 

P お姉さん一瞬いい?

 

 G はい?

 

P もう帰りですか?

 

 G いや、今から・・・

 

P ・・・仕事?

 

 G 美容室です

 

P あ、美容室。あー。そうか。いや、勧誘とかじゃないですよ

 

 G あ、そうなんですね。勧誘かと思いました

 

P よく声かけかられる?

 

 G え?

 

P よく声かけかられる?もう寒くて口が回らないけど

 

 G 寒いですよね

 

P 寒い。そう。いやー、寒い・・・

 

P あ、ここか。そう、寒いからお茶でも行こうよ、っていうお誘いだったんですよ

 

 G あ、そうだったんですね

 

P 美容室か。

 

 G 今から美容室です

 

P 後で合流しませんか

 

 G 後で?

 

P めっちゃくちゃヒマだったら

 

 G この後・・・2時間半後くらいですよ

 

P 本当に。じゃあ、もしタイミング合えば。いいですか

 

 G どういうこと

 

P 一杯温まって飲んで解散、みたいな。美容室入ったら疲れるじゃないですか。

 

 G まあね

 

P 2時間半の持久戦なんで

 

 G まあね。どこにいらっしゃるんですか?

 

P あ、じゃあこの辺ぶらっとしてます。どのみち本屋行く予定だったんで。

 

 G 本屋?

 

P ジュンク堂

 

 G ジュンク堂ね。わかりました

 

P いい?優しい。ありがとう。じゃあ鼻水垂らして待ってます

 

P もしタイミング合えばでいいんで。

 

 G うん。ちょっと分かんないですけど

 

 G はい。え、何?連絡先?

 

P じゃあLINEで。QRでいいですか

 

 G なんかもう、こういうの結構多いですね

 

P スカウトの人が多いんかな。この辺だと

 

 G いや、なんかやっぱりナンパが多いですね。

 

P あ、九州男児はナンパするんですね

 

 G 多いですよ。特に福岡はやっぱり

 

P はいはい。俺、大阪出身なんですよ

 

 G あ、そうなんですね。

 

P そうそう。はい。あ、意外とフルネームなんですね

 

 G そうですね。普通にフルネームです

 

P じゃあ、ちょっと今送ります

 

 G はい。寒い。本当に寒い

 

P すみません、こんな寒い中。図々しくて

 

P じゃあまた。ありがとうございます。

 

 G またじゃあ。とりあえず連絡します

 

【反省】

ステータスを下げる発言が2つあります 

 

恥ずかしい昔話。地蔵する、ホテルに誘えない

 

恥ずかしい昔話です。

 

僕は結構長い期間、

 

ファッションが完成していないから、

 

髪型が完成していないから、

 

声かけのトークが準備しきれていないから、

 

「こんな状態で声をかけると女性に失礼」

 

という理由で声かけを躊躇することがありました。

 

いわゆる地蔵ですね。

 

しかし、今考えると、

 

絵に描いたような保身だったな、と思います。

 

 

もっともらしい理由を作り出しているけど、

 

要は自分が傷つきたくないだけ。

 

女性のことをこれっぽっちも考えていない。

 

ホテルに誘えないのも一緒。

 

本当に、気持ち悪い男でした。

 

 

最近は、誘うのは男の役目やなとつくづく思います。

 

そんなこんなで、僕は今日も女性をホテルに誘って

 

「絶対、性病持ってるでしょ。」

 

というお断りの言葉をいただいてきました。

 

シカトするギャルをカフェに連れ出した実録ナンパ音声(書き起こしあり)

 

下半期の目標に掲げていた、初心者用の音声の公開です。

 

【女性の情報】

 

23歳

 

スレンダー

 

ギャル

 

よくスカウトに声をかけられる

 

【状況】

 

声をかけて10秒間シカトされている状態

 

→やや強めのボディランゲージでカフェに誘導

 

【音声】

 

今回は1分半の音声です。

 

楽しそうな雰囲気が演出できていれば連れ出せるという例。

 

面白いことは一つも言っておらず、女性の反応を素直に拾っているだけです。

 

www.youtube.com

 

 

【書き起こし】 P:私 G:女性

 

P 買い物中ですか?

 

P 歩くのが速い。歩くのが。

 

P 一瞬だけいい?一瞬だけ。

 

P いや、スタスタ歩いてるからどこ行くのかと思って。

 

G 帰る。

 

P 帰る。

 

G え?

 

P 帰んの?ソッコーで?

 

G ソッコーじゃないけど。

 

P ソッコーではないけど。

 

G うん。

 

P 一瞬、時間あるならちょっとスタバで休憩でもしましょうよ。一瞬。

 

G 一瞬?

 

P 一瞬。まー、スタバじゃなくてもいいけど。

 

P そんだけスタスタ歩いてたら疲れてるでしょ。

 

G いや、全然。

 

P 全然?

 

G そんなことはないよ。

 

P そんなことはないか。

 

G うん。

 

P なんかオリジナリティーあるね。

 

G そう?

 

P 喋り方が。

 

P ちょうどそこにカフェがある。

 

G あ、そうなんだ。

 

P そうそうそう。一瞬いきましょうよ。つまんなかったら即解散で。

 

G え?

 

P つまんなかったら即解散で。

 

G ウケるね。

 

P 優しいね。勧誘とかじゃないんで。

 

G あー、ならいいや。

 

P ならいい。

 

G だってね、めっちゃキャッチとかに捕まるから。

 

P よく声かけられるでしょ。やっぱ。

 

G そう。ウザっと思って。フルシカトしようと思って。

 

P さっきも相当シカトしようとしてたもんね。

 

G うん。

 

(カフェ入店) 

 

【反省】

 

入りの声トーンが小さいため、余計に女性の反応が悪くなっています。

 

声は大きく。

 

 

セックスに誘ったら「ぶっ殺すぞ」と言われました

 

先日、ハーバードナンパスクール関東ブラザーの双璧(グルメ部部長のYHさん、フットサル部部長のKさん)と対談をしてまいりました。

 

お二人とも親分肌で、懐が深すぎる。

 

組織を盛り上げるために、率先して動ける男というのはやはり魅力的です。

 

 

さて、ナンパの光と影に関する話題になった際に、「もっと影の部分も出してくれ!」とコメントをいただいたので、書いていこうかと。

 

・10人以上連続で声をかけても、連れ出しに至らないことがある

公開している音声は連絡先交換や連れ出しの音声なのでアレですが、別にポンポン成功している訳ではないです。曜日や時間帯によります。

 

・警察に通報される

夜道で声をかけた時に通報されました。

 

・カフェ→個室で女性をセックスに誘ったら、「ぶっ殺すぞ」と言われる

先月の話です。理解者がうまくハマってなかったです。

 

・・・と書けばキリがないです。

 

色々ありますが、結局は全てこちらに責任があります。

 

無視されるのも同じ。

 

ナンパを初めて暫くの間は、無視されたり、冷たい反応をされると

 

「ひどい女だ。ファーーーーーーーーーーーーーック!!!」

 

と内心怒っていました。

 

しかし、無視されるのは、こちらが無視される程度の存在だったというだけの話なんですよね。

 

立ち位置、表情、声トーン、アイコンタクト、姿勢、髪型、ファッション、、、このあたりがきちんとできていなかったです。

 

それなのに、無視された責任を女性になすりつけていたという。

 

僕のほうがよっぽどひどい男でした。

 

反省。